中年太りを解消TOP>メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

頑張らないダイエットならこれ!

ご飯!運動!メタバリア!中年太り対策

  

メタボリックシンドロームって?

●メタボリックシンドロームは危険!

●最近太ってメタボ腹になった!

●最近食べ過ぎてメタボ気味!

メタボリックシンドローム、メタボという言葉が定着。

日常の会話でも使ったりする事もありますよね。

でも、メタボリックシンドロームって何?

って思ったりしませんか?

中年太り=メタボリックシンドローム

ってイメージを持っていませんか?

 

★メタボリックシンドロームとは!

内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態

つまり、ただの中年太りはメタボリックシンドロームではない事になります。

しかし、メタボリックシンドローム予備軍である事は間違いないのない事実でもあります。

 

中年太りの原因でもある内臓脂肪は、なかなか落とすことが出来ない脂肪です。

そしてこの内臓脂肪が多すぎると生活習慣病などの病気を併発してしまう事になります。

「メタボリックシンドローム」と言う言葉は、今や聞いたことが無い人がいないほど有名な言葉ですが、

太っている事がメタボリックシンドロームと思っている人も案外いたりします。

そして、最近メタボ気味などと軽く言える状態ではないのがメタボリックシンドローム。

中年太りはメタボの手前という意識を持って、健康の為にもダイエットをしたり食生活を改善したりと、

中年太り改善する事、太らないように予防する考えを持つ必要があります。

メタボリックシンドロームになってしまうと・・・

将来の健康の為にも中年太りダイエットに成功しよう

中年太りは密接な関係にあるメタボリックシンドローム。

メタボリックシンドロームは生活習慣病の一つ。

内臓に脂肪がたまって、高血圧や高血糖、高脂血症などの症状が

一度に複数出る訳ですから大変厄介な事です。

メタボリックシンドロームは生活習慣病の一種なので、改善する意志、

それに向けた努力が改善のポイントだと言えます。

 

メタボリックシンドロームになってしまうと、大変な事になる場合もです。

皆さんもテレビや雑誌などで見たり、聞いたりした事があると思いますが、

日本人の死因のトップに挙げられているのが、「ガン」、「脳卒中」、「心臓病」。

この心臓病や、脳卒中は「動脈硬化」が原因とされているのですが、

動脈硬化と深く関係しているのがこの「メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)」なのです。

そう思うと、ちょっと中年太りはまずいぞって思ったりしますよね。

 

「メタボリック」は直訳すると「代謝」と言う意味で、代謝異常が起きていることを示しています。

加齢、運動不足あど代謝異常の原因は色々あります。

特に運動不足は、心臓から送り出される血液量が減ってしまい、

体への血液供給量の不足を招いてしまうおそれがあるので、心臓疾患の危険性が高まるとされています。

また動脈硬化や、骨がもろくなって日常生活に支障をきたす事態にも陥ってしまう可能性が。

中年太りになると誰でも病気になるという訳ではありませんが、

色々な危険性がある事は頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。


 

★我慢無し!安い!栄養バランス抜群のダイエットドリンク!

ダイエットのワガママをかなえたオルビスプチシェイク!1食置き換えダイエットでカロリーダウン!

メタボリックシンドロームにならない為に!

自分に合った中年太りダイエットの方法を探そう

メタボリックシンドロームを改善する為には、

食生活の改善と適度な運動が必要とされています。

中高年の人に限らず、誰にも言える事なのですが、

適度な運動は健康を維持する為に大切な事。

そして中年太り、メタボリックシンドロームにならない為にも、

若い時から健康に気を使った食生活をしたり、

適度な運動などを心がけて生活する事が重要になります。

また、中年太りになってしまったからと言って諦める必要はなく、

食生活を改善したり、適度な運動する事は重要です。

 

中年太りを改善・予防する生活と言っても、食べたい物を無理に我慢したり

キツイ運動をする必要は無いと言えます。

好きな物を我慢する行為は思った以上にストレスがたまってしまいます。

ストレスをため過ぎると、体には良い影響が無いのは確実。

ストレスが原因となって、余計に食べたくなって暴飲暴食となってしまったり、薄毛になってしまう事も。

中年太りだけでも大きな悩みなのに、薄毛まで併発したら最悪ですよね。

 

3食バランス良く食べる、自分のペースで運動するなど無理しない事がポイントで、

その対策を継続して行う事が重要になります。

食事面で言えば、朝食は抜かないようにするのがベスト。

朝食は一日の活動にとって重要な役割を果たしていて、消化作業や代謝機能を助けてくれます。

とにかく、無理せず長くをキーワードにメタボリックシンドローム対策、予防をしたいですね!


メタボリックシンドロームに異論がという人も多かったりします

日本のメタボリックシンドロームの基準は、BMI 25 kg/m2以上、内臓脂肪面積 100 cm2以上 (男女無差別)、

ウエストが男性85cm、女性80cm以上となっています。

これに対しては、科学的根拠が無いなどの異論があって賛否両論といった感があります。

これらに関しては、今後色々な研究で解明される事が期待されている訳ですが、

個人的感想を言えば、太り過ぎ、痩せ過ぎなど、過ぎる事は良くない。

内臓脂肪がつき過ぎて中年太りの状態になってしまう事は良い影響が無いのは事実。

バランスの良い食事、適度な運動が健康に良いのも事実。

とにかく太り過ぎないように普段から気を付けるとういう事は重要ではないでしょうか。